黄金比ウォッチ

こんにちは。

 

ノルディックフィーリング名古屋ラシック店の河村です。

 

本日は、ニューヨークの近代美術館(MoMA)の永久展示所蔵品に

選定されている黄金比ウォッチ、

フレミング・ボー・ハンセン(Flemming Bo Hansen)の

『WATCH Ⅰ』シリーズをご紹介致します。

 

KIMG1558

 

黄金比とは、人類が古代ギリシャで発見した 1 : 1.618 という比率で、

オウム貝の対数螺旋などにも多く確認されている森羅万象の調和となる比率です。

 

あのパルテノン神殿やピラミッドなど歴史的建造物をはじめ、

ミロのビーナスなど、彫刻や絵画にも黄金比が用いられているのです。

 

その黄金比を腕時計に取り入れたコレクションが

この『WATCH Ⅰ』シリーズです。

 

KIMG1553

 

ケース、ガラス部分、文字配列はすべて黄金比に基づいて設計されており、

敢えてリューズも省いてデザインされています!

 

KIMG1554

 

芸術作品とも称される世界が認めた本物のデザインやバランスは、

従来のデジタルウォッチとは異なる

『大人の語れるデジタルウォッチ』と言えます!

 

是非その拘りぬいて作られた黄金比ウォッチを店頭で

ご覧いただければと思います。

 

皆様のご来店お待ちしております。

Comments are closed.

Post Navigation