身の回りに良いものを。おうちの時計にもこだわってみませんか?

みなさま、こんにちは!

 

いつもNORDIC FEELINGのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

本日のブログはNDF有楽町店が担当いたします。

 

11月も半ばを過ぎ、そろそろ本格的に肌寒くなってきますね。

個人的には最近、ハンドドリップで淹れるコーヒー器具一式を買い、毎朝コーヒー豆を挽くところから1日を始めています。

ルーティーンワークにもなりますし、温かいものを体に入れてスタートさせる習慣は気持ちが良いものです。

 

日が暮れるのも早くなり、おうち時間で過ごす機会も多くなってくると思います。

そんなときにお部屋のインテリアの見直しを検討されてはいかがですか?

テーブルやソファの大型家具では腰が重くて面倒だという方、まずは時計から始めてみましょう。

 

当店からご紹介させていただくのはこちら。

ARNE JACOBSEN 43642 ¥41,000+tax

1942年デンマーク第2の都市オーフスの市庁舎に設置された事が由来となったモデルになります。

この建物、内装の細部に真鍮や大理石などの素材を使い格式の高さが伺えますが、その中でもこの時計自体も特徴的となります。

ちなみにデンマークでは、このオーフス市庁舎以降に建てられた市庁舎で時計塔のある市庁舎は1つもないそうです。

 

BRAUN BC06B ¥5,500+tax

1982年に初のウォールクロックとして登場、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久展示所蔵品となった「ABW30」を忠実に再現したモデル。 当時、「デザイン革新」と評された厚さ10mmのフェイスは、フレームやガラスの無い一体型のデザイン。 壁から外すことなく、そのまま時刻を合わせることができます。 BRAUNらしく機能美あふれる逸品としてニューヨークの近代美術館の永久展示所蔵品とされています。 文字盤は平面ではなく立体となっているため光の反射を極力抑えられどの方面から見ても美しいフォルムを保ってくれます。
 

また、テレワーク等で働く環境が変わった方も多いと思います。

時間に縛られるという観点ではなく、しっかり時間を管理し、より良いライフスタイルを構築するという観点から

【時計が身近にある生活】いかがでしょうか?

 

NDF有楽町マルイ店インスタグラム

 

https://instagram.com/ndf.yurakucho?igshid=16a18xzlxcnc8

 

 

 

Comments are closed.

Post Navigation