LISA LARSON

スウェーデンを代表する「リサ・ラーソン」

NORDIC FEELING NEW BRAND 2018

LISA LARSON

皆さんもこのネコのキャラクターどこかでご覧になった事があるのではないでしょうか?
スウェーデンを代表する陶芸家「リサ・ラーソン」の時計がノルディックフィーリングに到着しました。
可愛らしさの中に印象的で心に伝わるリサ・ラーソンのデザインをお楽しみください。

LISA LARSON

世界一可愛いことを考えるおばあさん

Potter & Desiner Lisa Larson

Lisa Larson(リサ・ラーソン)は1931年スウェーデン・ヘルルンダ生まれの陶芸家です。大学卒業後、Stig Lindberg(スティグ・リンドベリ)からスカウトを受け、当時スウェーデン最大の陶芸製作会社であったGustavsberg(グスタフスベリ)社に入社。 26年間の在籍中に動物シリーズをはじめとした約320種類の優れた作品を生み出し、スウェーデンを代表する陶芸デザイナーとして一躍人気を集めました。 1979年に退社後フリーデザイナーとして活躍した彼女は、1992年にKeramik Studion Gustavsberg社を設立。やさしくかわいいコケティッシュな動物や、素朴で温かみのある表情豊かなフィギュアは、本国スウェーデンや日本のみならず、世界中で数多くのファンが急増しています。 現在は都心から少し離れた森の中で、画家のご主人と暮らしながら、作品の復刻の他に、アートピースや新作発表など精力的に創作を続けています。

LISA LARSON

LISA LARSON

JOHANNA LARSON

愛娘 ヨハンナ・ラーソン

ヨハンナは、1960年スウェーデンのグスタフスベリでリサ・ラーソンの娘として生まれました。 サンフランシスコでアート、グラフィックデザイン、イラストレーションを学び、アムステルダムのリートフェルトアカデミーを経て88年ストックホルムのコンストファックデザイン大学をM.F.Aで卒業します。 ストックホルムでアートディレクターとして勤めた後、スコットランド人の夫と1992年、グラスゴーに引っ越し、自身のデザインカンパニーを設立。マイキーはリサのスケッチをヨハンナがグラフィックに落とし込んだキャラクター、母娘のコラボレーション作品として誕生しました。

LISA LARSON

VINTAGE

ヴィンテージ

ライフワークともいえる動物モチーフをはじめ、天才的な感覚で創り出される「カタチ」の数々。陶器作品において、リサの驚くべき才能は最大限に発揮されます。 スウェーデンの職人の手によりひとつづつ手作りされることで、同じものがふたつと生まれない独特の味。世界的評価の高まりにつれ、ヴィンテージ作品はますます高価になっています。 時にはリサの衝動が作らせた日記のような作品だったり、はたまた失敗作??かもしれません。その全てにリサのユーモアや、形の面白さ、魔法のような瞬間が込められています。

LISA LARSON

CHARACTER

アイコン的な3つのキャラクター

有名な猫のキャラクター「マイキー」は、2010年に発売された子供のための絵本「BABY NOMBER BOOK」で、イラストをリサが描き、 娘のヨハンナがグラフィックを担当して誕生した母娘の共同作品です。なんとも言えない表情とシマシマ模様が特徴的です。 ハリネズミ3兄弟はそれぞれ毛並みが違います。「イギー」は思わず撫でてあげたくなる丸い背中が可愛らしく、「ピギー」は女の子という設定で、くるくるした巻き毛と横目がチャームポイント。 「パンキー」は昔モヒカンヘアーだったというリサの息子さんがモデルになっているそうです。そして、リサラーソンの代表作でもあるライオン。独特の丸いフォルムが愛らしく、見るたびに癒されます。

LISA LARSON

WATCH COLLECTION

リサ・ラーソン ウォッチコレクション

それぞれの時計は実際にスウェーデンのリサとヨハンナのデザイン監修のもと仕上げられました。裏蓋には「Tag dig tid」とスウェーデン語で「あなたに時間をあげましょう」というリサからのメッセージが刻まれています。カラーリングや形状で印象の変わるウォッチコレクションをお楽しみください。

NORDIC FEELING. All Rights Reserved.
Operating company of NORDIC FEELING, I NEXT GE Co., Ltd.